この名言は、協議離婚にも通ずるものと考えます。

離婚の仕組みを夫婦双方とも知っておくと、法律の考え方にそって離婚の条件について夫婦で話し合いが進みますので、協議を成立させるうえで有益なことであると考えます。

まず、夫婦間で離婚協議を進めていく前に、法律上における離婚の仕組みの全体像について、大まかにでも理解しておくことが大切です。

もし「自分は法律に関係なく、自由に決めるのだ」ということであれば仕方ありません。

ただ「法の不知はこれを許さず」という法の格言があります。
離婚後になってからトラブルが起きたときにも、「法律を知りませんでした」という言い訳は通用しません。

法律知識を備えていることで重要なポイントを押さえることができるため、離婚協議を有利に進められる面もあります。結果的に、法律知識の差が協議結果に反映することもあるのです

離婚の時にした離婚契約の意味を離婚から数年も経過したときに初めて理解することができ、その時になってから相手側から騙されていたと気付いて嘆かれる方もいらっしゃいます。

当サイトをご覧いただいているあなたには、そうなって欲しくないと思います。
そのためには、離婚することを考え始めたときに、まずは相談をしてみましょう。

何が理由で離婚を考えるのか?

また不倫なのかDV…家庭の中での欠如等々。

このような内容等は知人、身内にも話せない内容ですし、実際はお一人で悩んで悩んで毎日の日々を過ごしているでしょうし。

誰にでも話せないことをまずは離婚相談所の私たちがお聞きします。
お気軽にお悩みをお話し下さい。