不倫と浮気の違い

不倫と浮気は同じ意味で使われることも多く、明確な違いがあるわけではありません。しかし、一般的には以下のように区別されることがあります。

不倫と浮気の違い①:既婚者が絡んでいるか

浮気は独身者同士でも用いますが、不倫はどちらか一方あるいは両方が既婚者であるときに用いる言葉です。
結婚すると民法で定められた義務を負います。

不倫は法的な義務に違反する行為なのです。

不倫と浮気の違い②:不貞行為があるか

不貞行為とは配偶者以外の異性と肉体関係を持つことです。不貞行為があれば不倫とみなされます。キスやハグといった行為は不貞行為とはみなされません。

一方、浮気は肉体関係の有無を問いません。

そのため、キスやハグだけでなく、ほかの異性にアプローチをしたり、気持ちが傾いただけでも浮気と呼ぶことがあります。

不倫と浮気の違い③:出来心によるものか

「つい出来心で…」「魔が差した」など、タイミングや判断を見誤って関係を持ったという場合は浮気と呼ぶことが多いです。

不倫と浮気の違い④:関係が継続しているか

「ワンナイトラブ」という言葉のように、その場の雰囲気や勢いで関係を持ったケースなど、短期間で浅い付き合いの場合は浮気と呼ぶことが多いです。

些細な事から悩みを抱えたらまずは無料でご相談を。

P&G探偵事務所
愛知県春日井市坂下町1‐945‐1
TEL 0568-70-5621 電話対応時間 8:00~21:00
Mail p.gtantei@gmail.com 24時間可能
HP https://www.pg-tantei.com/
HPからLINEフォームがあります。

そちらも24時間対応可能。