旦那が浮気相手に本気になっていると感じた時、何ができるでしょうか。まずは冷静に、次の行動をとってください。

①知らないふりをする

旦那が浮気をしていると感じても、問い詰めたり、責め立てず、知らないふりをしましょう。難しいかもしれませんが冷静にならないと進まないのです。

それには理由があります。

まず第一に、浮気を疑い旦那を感情的に責めると、夫婦関係が険悪になり、旦那の気持ちがより浮気相手に傾く可能性があるためです。

旦那の浮気が発覚したとしても、関係を修復する可能性が無いとは限りません。それなのに感情的に旦那を責め立てることは、夫婦関係の修復可能性を潰してしまうことになりかねません。

第二の理由として、疑っている時点では本気でなかった浮気でも、本気になることがあるためです。

妻に感情的に責めたてられ居心地が悪いところに、優しく笑顔を見せてくれる浮気相手が寄ってくれば、遊びの浮気でしかなかった旦那の心は浮気相手に傾くものです。

普段旦那に冷たく接していたり、自分にも非があると思い当たる点があれば、それを改善し夫婦関係を修復する努力をすることで、関係が修復される可能性があるかも知れません。

第三の理由です。

浮気を疑っていることを旦那が察した場合、浮気の証拠を隠される恐れがあります。

旦那の本気の浮気に対して、しっかりと対処する覚悟があるのであれば、浮気の証拠を集める必要があります。
しかし、妻が浮気を疑っていることを旦那に知られると、旦那のガードが固くなって証拠集めが難航してしまいかねません。

旦那には十分油断させておきましょう。

②証拠を集める

どこからが浮気になるか?といったラインは人それぞれ異なりますが、法的な面から見るのであれば、肉体関係があれば「不貞行為」となり慰謝料請求や離婚の対象となります。

法的に旦那に対して対処するとなれば、慰謝料の請求や離婚が考えられます。

これらの法的な手段をとるには、浮気の証拠が必要になります。

慰謝料請求の裁判では「不貞行為を推認させる証拠」、つまり「性交渉があったことを推認させる証拠」によって、間接的に立証していくケースが一般的です。

具体的な証拠品としては、以下のものが挙げられます。

具体的な証拠の例

・写真
・メール
・通話履歴
・LINEやSNSの記事
など

探偵を利用してこれらを集めることも考えられます。

電話の履歴や通話記録、その他、LINEやSNSで不倫の事実が推測できる記載が見つかるのであれば、集めておきましょう。日付けを入れた状態で画面を撮影した写真を撮るといった工夫が必要になります。

相手の言動の日時と内容を詳細にメモする

浮気を推認させるような言動を相手方がした際に、それを逐一メモしておいたものが証拠として価値が認められる可能性があります。継続的で詳細なものほど証拠としての信用性が高まります。

旦那が浮気を認めた場合には、浮気を自白した録音を撮っておくと良いでしょう。

可能であれば、不貞行為(性交渉)をしたことを認める旨、旦那から一筆とるとよいでしょう。

診断書

浮気が原因で精神的にダメージを受け、診療内科で治療をした場合は診断書をとっておくと良いでしょう。
診断書は比較的容易に入手が可能な上、精神的苦痛の立証として強いものです。

その他、ラブホテル等の領収書や、調査会社に浮気調査を依頼した場合の調査報告書なども証拠となりますが、客観的に肉体関係を推認できない日常的な内容のメールや買い物の利用明細等は、基本的に証拠としては認められにくいので注意が必要です。

有効性が低い証拠であっても、複数組み合わせることで不貞行為の事実を証明し、慰謝料請求できることもあります。

些細な事から悩みを抱えたらまずは無料でご相談を。

P&G探偵事務所
愛知県春日井市坂下町1‐945‐1
TEL 0568-70-5621 電話対応時間 8:00~21:00
Mail p.gtantei@gmail.com 24時間可能
HP https://www.pg-tantei.com/
HPからLINEフォームがあります。

そちらも24時間対応可能。