不倫の定義って、具体的にどこからか分かりづらいですよね。そこで今回は、不倫の法的な境 界線から、世間一般で言われる不倫の基準やパートナーの不倫を予防する方法まで詳しくご紹介します。

どこからが不倫なの? 法的に不倫とみなされる境界線とは?

法的に不倫とみなされる境界線がはっきりと決まっている事知っていますか?

不倫は、法的には「不貞行為」という行動に当てはまります。二股なんて言葉より不貞と はっきり言われてしまうと、事の重大さが重くのしかかりますよね。

そして、この不貞行為に該当するかどうか、どこからが不倫なのかという境界線は、ズバリ「異性と肉体関係があるかどうか」。

手を繋いで歩いていた、路上でキスをしていた、などの行動は、世の中では不倫と言われるかもしれませんが、それらの行動は肉体関係を持った事にはならないので、法的には不倫に当てはまりません。

【男女別】法的ではなく、世間一般で不倫だと線引きされやすい基準や境界線とは

「既婚者が配偶者以外と肉体関係を持てば不倫、なければ不倫じゃない」なんて言っても、それはあくまで法的な話。

世間一般では、一体どこから不倫と判断されるのでしょうか?

ここでは、世間一般で不倫だと言われやすい基準や、どこから不倫なのかという境界線と 定義について、詳しくみていきましょう。

一般的に男性が不倫と感じやすい境界線や基準

どこから不倫とするかの定義は、男性か女性かによっても違います。

まずは、一般的に男性の多くが不倫だと感じやすい境界線や基準、その定義についてチ ェックしていきましょう。
「え、それも不倫に入るの?」なんて、女性が思ってしまいそうな境界線もあるので、要チ ェックですよ。

男性の基準 1. 自分(旦那)に内緒で男性と 2 人で会う

結婚したからといって、それまでの友人関係を全て切る必要はありませんが、異性の友人や知人などと、「配偶者に内緒で会う」という時点で不倫と考えてしまう男性も多くいます。

勘違いしてほしくないのは、例えば、妻が夫以外の男性と 2 人で会うのがダメなのではなく、妻が夫以外の男性と 2 人で会うのを夫に言わない事がダメなのです。 され、不倫だと思われてしまうのです。

男性の基準 2. 手を繋いだり、腕を組んだりする

仲の良い女友達だと、お互いに恋愛感情がなくても手を繋いで歩いたり、腕を組んだりするのは当たり前。しかし、男性同士の場合、「手を繋ぐ」「腕を組む」という行為は、恋人同士で行うものです。男性からみたら、手を繋いだり、腕を組むのは不倫の定義にばっちり当てはまっています。

男性の基準 3. ハグをする

友人知人などと、挨拶や喧嘩の仲直りなどで何かとハグをするヨーロッパの文化と違い、日本の場合は友人知人とのハグが一般的とはいえませんよね。 ハグは、どちらかといえば、恋人や夫婦、親子などがするものです。そのため、夫婦なのに、奥さんが自分以外の男性とハグをするなど、不倫に値する行為だと感じてしまいます。

男性の基準 4. キスをする

恋人関係に至るまでのステップの一つでもあるキス。特に、口と口を重ねあわせるキスは、お互いの好意がなければしませんよね?

もし、自分の奥さんが、自分以外の男性とキスをしているのを目撃してしまったら、しばらくはそのシーンが頭から離れません。

キスは不倫であると考える男性は数多くいます。

男性の基準 5. 肉体関係を持つ

法的にも、「肉体関係を持つ=不倫行為である」とされているように、肉体関係、いわゆる性的関係を配偶者以外と持つ事は、立派な不倫。

「どこからが不倫なの?」という境界線に関する問いかけに、100 人中 100 人が答える のが肉体関係の有無でしょう。不倫相手に慰謝料の請求をされても文句は言えません。

手をつないだり、キスをしたりなどの行為とは違い、100%アウトなのが肉体関係なのです。

一般的に女性が不倫と感じやすい境界線や基準

では、女性は一体どこから不倫だと考えるのでしょうか? 不倫に該当しそうな行為でも、男性と女性では見解が少し違います。

男性には不倫の定義であっても、女性の場合は、許容範囲の場合もありますよね。もちろん、その逆も然り。「どこからが不倫か?」という問いかけに対する答えは、性差が大きい答えでもあります。

ここでは、一般的に女性の多くが不倫と感じやすい境界線や基準について一つずつチェ ックしていきましょう。

女性の基準 1. 手をつなぐなど、スキンシップを積極的にとる

好きでもない異性とのスキンシップに、抵抗がある女性はたくさんいます。スキンシップは、恋人や夫婦など、親密な関係にある2人が行うもの。

そのため、手をつないだり、腰に手を回したり、などスキンシップに該当する行為を夫婦で も恋人でもないのに、お互いに積極的しあっている場合は、「あの2人、不倫をしている のでは?」と疑ってしまうのです。

女性の基準 2. お泊りをする

「ただ、一緒にお喋りしただけ。一晩飲み明かしてだけ。」

なんて、お泊まりの言い訳によく使われますが、限りなく黒に近いグレーな言い訳ですよね。お互いに恋慕う気持ちがなければ、一晩一緒になんていられません。

特に、お泊まりしたのがホテルや相手の家だった場合、「一晩飲み明かした」なんて言い 訳は誰も信じられないはず。

そのため、どこから不倫かと問われた時に「お泊まりした時」と答える女性が多いのです。

女性の基準 3. 奥さんには秘密で他の女性と食事や飲みに行く

男女関係なく既婚者であっても、仕事や友人付き合いの関係で、異性と 2 人で食事や飲みに行くのは、よくある話。しかし、異性と 2 人きりで出かけるのを、妻や夫に秘密にする時点で怪しさ満点。

「2 人きりだって言ったら、君が心配すると思ったからあえて言わなかったんだよ。」 なんて一見思いやりに溢れた言い訳に聞こえますが、騙されないで! 既婚者が配偶者には秘密で他の異性に会いたいのは、「配偶者には知られたくない事をしたいから」という可能性がありますよ。

女性の基準 4. キスをする

キスも男性と同じく、女性にとっては浮気に入ります。いくら相手の女性から無理やりされたとしても、男性が受け入れたことには変わりありません。 キスをしたという事実そのものが女性にとっては不倫の判断になってしまうのです。

女性の基準 5. 肉体関係を持つ

既婚者なのに、配偶者以外と肉体関係を持った場合、どんな言い訳があったとしても、それは、完全に不倫です。 「お互いに、旦那や奥さんに悪いって気持ちになっちゃって、最後までしなかったよ。」 なんて言い訳しても不倫です。肉体関係の行為の中で、「どこからが不倫に入るのか?」なんて質問は意味がありません。

行為の長さや濃さ、回数などは関係ないのです。

次回は「不倫を未然に防ぐ方法とは」をお話ししたいと思います。

浮気・不倫調査のご相談

P&G探偵事務所
愛知県春日井市坂下町1‐945‐1
TEL 0568-70-5621 
電話対応時間 8:00~21:00
Mail p.gtantei@gmail.com 24時間可能
HP https://www.pg-tantei.com/
LINEでのお問い合わせは→こちら もちろん24時間対応可能。