今日は探偵のストーカー対策につてお話したいと思います。
調査方法は探偵事務所によって細かい調査方法は違うと思いますが、一つの方法として覚えていただけると良いと思います。

探偵にストーカー対策を依頼すると、次のような調査・対策を行います。

  • ストーカーを尾行し身元を特定する
  • ストーカー被害の証拠を保全する
  • 尾行、張り込みを行ってストーキング行為の証拠写真を撮る
  • ストーカーの行動を監視し、嫌がらせ等の証拠写真を撮る
  • 盗聴器、盗撮カメラが仕掛けられていないかをチェックする
  • 被害者宅に監視カメラを設置するなど、防犯を強化する

ストーカー対策では、必要に応じて尾行や張り込み、盗聴器発見調査などを行っています。


ご自身で集めるよりも、より強固で客観的な証拠を取得できるため、警察により強い対処をしてもらうことが可能になります。 また、民事訴訟を起こす際の正式な証拠としても利用することができます。探偵ができないストーカ対策
さて、上の項目のような証拠収集には強い探偵ですが、実施できないストーカー対策もあります。

探偵はストーカーと接触してストーキングを止めるように直接話し合いをすることはできません。

また、警察のように被害者への接触禁止言い渡したり、逮捕をする権限 ももちろんありません。つまり、犯人に直接働きかけるようなストーカー対策はとれないのです。

探偵が調査を行った後は、警察や弁護士に対応・対策を引き継ぐことになるでしょう。
ストーカ被害のご相談はぜひ弊社にご相談ください。

浮気・不倫調査のご相談

P&G探偵事務所
愛知県春日井市坂下町1‐945‐1
TEL 0568-70-5621 
電話対応時間 8:00~21:00
Mail p.gtantei@gmail.com 24時間可能
HP https://www.pg-tantei.com/
LINEでのお問い合わせは→こちら もちろん24時間対応可能。