今日はなぜ、ストーカー行為の証拠が必要なのかをお話したいと思います。

ストーカー調査

いつなんどき、誰が被害に遭うかわからないストーカー行為。

もし被害に遭ったとして、自力で証拠を収集する必要があるか、という問いには、首をかしげる方も多いのではないでしょうか。
まずは、なぜわざわざ証拠を収集する必要があるのかをお話いたします。

警察に被害届を出すため

警察に被害届を出すと、事情を詳しく聞かれたり、もっと直接的に、犯行を裏付ける証拠を求められたりする場合があります。
事情を聞かれるときには何が自分の身に起こっているのか順序立てて話す必要がありますから、時系列順のまとめを作っていく方がよいでしょう。

後述しますが、これも立派な証拠のひとつです。

さらに、被害届を出しただけでは、すぐに捜査が開始されるとは限りません。 しかし、被害があることを裏付ける証拠品があれば早々に何らかの対応 を取ってもらえる確率が上がります。

これらの理由から、警察に被害届を出す際は証拠があることが望ましいと言えます。

裁判になったとき有利な立場に立つため

警察への被害届からさらに進み、何らかの形で裁判になった場合、優位 に戦うためには必ず証拠が必要です。

刑事事件として裁判になる場合でも、民事として損害賠償を請求する場合でも、その必要性は変わりませんが、民事の場合のほうが、自分自身で準備をしないといけないことは多いです。

犯人が言い逃れる道を塞ぐためにも、しっかりと準備をするべきと言えます。

次回は「ストーカー行為の証拠とはどんなもの?」をお話したいと思います。

浮気・不倫調査のご相談

P&G探偵事務所
愛知県春日井市坂下町1‐945‐1
TEL 0568-70-5621 
電話対応時間 8:00~21:00
Mail p.gtantei@gmail.com 24時間可能
HP https://www.pg-tantei.com/
LINEでのお問い合わせは→こちら もちろん24時間対応可能。